記事詳細ページ

かりんベイベー通信 第二号

かりんベイベー通信 第二号:画像

東山温泉ツアーのおみやげ

「La vie en rose〜めくるめくMの世界〜」

こんにちは、かりんベイベーです。皆さんその後もお変わりなくお元気でお過ごしですか?
さて、第一号に引き続き第二号を書きたいと思います。果たして第二号をここに掲載して本当に良いものなのか、未だに悩んでおりますが、ここに書いてしまいます。恥はこの通信を始めた時から書き捨てたはずではないか。そうだ、女は度胸だ!!と言うことでみんなついて来てね(ミッチー口調)。
新型インフルエンザも大分落ち着き、一時はどうなることやらと旅行会社勤務の私は死活問題を抱えていましたが、その騒ぎが始まる前の4月中旬に研修で北欧に行って来ました。しかし、この北欧研修が私にとって大問題に!!
な、な、何とファンクラブ限定最大のイベントミッチー温泉ツアーの日と重なってしまったのです!!
ミッチー温泉ツアーとは、ミッチー全国ライブツアー終了後に、いくつかの日と温泉の場所を決めてファンとの距離を縮めるというミッチーの優しい涙企画で、いわゆるライブツアー打ち上げでミッチーと一緒に宴会で飲もう!というイベントである。宴会でミッチーとビンゴゲームや4、5人との集合写真だが一緒にミッチーと写真を撮ることも出来るし、何よりミッチーの色っぽい浴衣姿やタバコを吸ったカッコイーお姿、いつも以上にテンションが高い酔っ払ったミッチーと、舞台以外のミッチーの姿が見れる貴重な場なのだ。そして今回はドラマ「相棒」の右京さんの相手役に決まったこともあり、「相棒」の昔からのファンでもある私はその辺のネタもミッチーの口から聞きたかったこともあり、非常〜に楽しみにしていたのであった。
> しかも今回は私の地元からも近い、上山温泉ですよ!!山形にあのミッチーが来るのですよ!!これは元山形県人として私が行かない訳にはいかないではないですか〜!!
>それからの私の苦悩が始まった。『北欧vs上山温泉+ミッチー付』これは究極の選択ですよ!!北欧は私にとってミッチーな国だし(未知な国)これを逃したら二度と行くことが出来ないところかもしれない。仕事的にノルウェーのフィヨルド、フロム鉄道、豪華客船クルーズ、北欧の食事etc、どれをとっても魅力的だ。しかしミッチーに会いたい。これはただのライブツアーではないのだ。プライベートなミッチーが拝める絶好の機会なのだ!!
他のベイベー達ならこの場合どっちを取るのだろう。そんなことを考えていたらミッチーの声が聞こえて来た(気がした)。そう、仕事熱心なミッチーならではの言葉。「大丈夫だよ、かりんベイベー。しっかり自分の仕事をおやり!僕たちは例え離れていても常に心は一つじゃないか〜」と。そう、ミッチーは分かってくれる。そう信じて泣く泣く上山温泉ツアーを断念しました。
それからふと、今回の抽選にもれたという、私のベイベー仲間を思い出し、私に起こった大事件を話し、再度抽選をかけてもらえるか確認するように促した。そうしたら、偶然にも山形教員ベイベーの彼女に当たった。これで渡し損ねた結婚祝いの代わりになったか。彼女に「私の代わりにミッチーを愛して愛されて下さい」とメールをし、私自身も大変残念だったが、彼女が当選されて喜んでいた。
旅行の前日北欧へ行く準備をしスーツケースに荷物を積めながら「今頃宴会の真っ最中なんだろうな〜、いいな〜」と行けなかった会場を思い、少し切なくなって山形教員ベイベーにメールしてみた。
そうしたら、な、何と、メールの表題に「夢のようでした…」と書かれてあり、読み進めると、ミッチーとのビンゴゲームが当たってその景品がミッチーと2ショットphotoを撮ったとあるではないか!!う、う、羨ましい!!しかもミッチーは普通のphotoを撮らないはずだから肩、あるいは腕を組んだり、ハグしたりとボディータッチをして撮ってくれる、サービス精神の塊の方だから余計にかなり羨ましかった。「これもかりんちゃんのお陰です、ありがとう」と。
ただでさえ旅行前で(しかも仕事)ナーバスになっている私にこれは少々、いやかなり衝撃過ぎた。
すぐに妹に電話をし、妹は興奮している私を冷静にかつ淡々と受け止めた。それでもまだ興奮が冷めやらない私は行けなかったミッチーの宴会のことと、明日からの北欧研修旅行について想いながら床に就いたのだった。 続く…。
〔北欧でもミッチーが大活躍します。宜しければ次号も読んで下さいね〕


私のなが〜い独り言
他の九里同窓生のページを見ていて懐かしい顔をいくつか発見!!
平成5年卒業の同窓生が3人載っていて、しかもこの同窓生3人とも美術部に関係があるではないか〜!すごく懐かしい〜。
まず、うふCafeの店主こと須貝尚子ちゃん、お久しぶりです!私のこと覚えていますか?お店を持ったとのことでおめでとうございます!尚子ちゃんの描いた「モナリザと私」の発想にはど肝を抜きました。上村先生に「肖像権の問題にひっかからないかな〜」と言われたぐらいソックリでした。ルーブルで本物を観た時、尚子ちゃんの絵を観ていたせいかあまり新鮮味がなかったです(笑)。米沢に帰省した時には立ち寄りますので、お互いに大好きなフランスについて語り合いましょう〜!
続いて伊藤真紀子さんことマキロン、お元気ですか?確か綾ちゃんの結婚式以来ですね!高校時代は保阪尚輝が大好きだった私に、家で保阪さんの離婚会見をショックながらも見ていたら(当時一度目の結婚は秘密にされていた)マキロンから電話があり「かりんちゃん、見てる?保阪さん結婚していたんだね。大丈夫?」と言われたことを思い出します。あれは本当にショックで言葉少なかったのを覚えています。ちなみに電話はマキロンからだけでした。ミッチーだったらどうしよう!?でもあの頃よりは大人になったつもりでいるので心から祝福したいです。やっぱり愛する人には幸せになってもらいたい。だが実際には自信がないが。
そして、そして、加藤裕子さんことかりちゃん、初めにあなたに言いたい。「何ですか、あの何年か前にもらった年賀状は!かりんちゃん、相変わらずネジゆるんでますか〜?とは!!(笑)」ご覧の通りにゆるみっぱなしです。かりちゃんとは中学からの付き合いで、一組に私と同じ様に呼ばれている人がいるな〜というのを知り廊下で見かけてきれいな人だな〜、という印象でしたが、仲良くなるに連れて印象が崩れていきました(笑)。かりちゃんの描く絵が中学時代から大好きで、かりちゃんのような絵が描きたいと思い美術部に入部したのでした(実は)。だからあなたは私の憧れの人なのです(本当は)。まあ、誉めるのはこれぐらいにして、本当にみんなに会いたいです!!美術部同窓会やりたい!さだちゃん、坂ちゃん、こだちゃん、ゆかりちゃん辺りも誘って!本当なら部長だった私が幹事をしないといけないところなのでしょうが、そこは大変ご迷惑お掛け致しますが、長岡先生よろしくお願い致します(笑)。
かりんベイベー(平成5年卒)

2009.07.09:[特派員レポート/メッセージ]

Access 1,980,419pv (2012.03.09~) Today 24pv Yesterday 535pv